2月1週の結果

根岸ステークス予想記事

[印]

◎15ダノンフェイス 4着

○④ワンダーリーデル 8着

( 印が2頭以上ないとランキングの重賞予想に参加できないので○をワンダーリーデルとしました。 )

[買い目]

複勝⑮  1点

 

本命はダノンフェイスでした。結果は4着。

複勝で買っていたのでね。様式美のような4着でした。

「最後方でもいいぞ」と思っていたら、スタートを決めたので前へ行きました。

流れに乗った分、直線伸びなかったというか・・・まぁこの辺は結果論でしかありませんのでやめときましょう。

普段、我々競馬ファンは「なんでスタート出たのに前へ行かないんだ!」と声を荒げていますからね。

それにしてもモズアスコットは連闘で安田記念を勝ったり、初ダートで重賞を勝ったりと凄い馬ですね。

今年のフェブラリーSは根岸2着のコパノキッキングが回避、東海Sを制したエアアルマスが故障で離脱。

インティとその他という面子になりそうなので一気の戴冠もあるかもしれませんよ。

 

シルクロードステークス ⇒ 予想記事

[印]

◎③モズスーパーフレア 4着

○⑫ジョイフル 7着

▲ ②カラクレナイ 11着

☆ ④ティーハーフ 13着

△ ⑧アウィルアウェイ 1着

△⑤ダイシンバルカン 17着

 

軸候補は内からレッドアンシェル、モズスーパーフレア、エイティーンガール、ペイシャフェリシタの4頭でした。

レッドとペイシャはまぁ誰でも危ないなというのはわかると思いますが、波乱傾向のレースでオッズも割れていたのでモズとエイティーンガールの2軸にしてもよかったですね。後の祭りですが。

本命のモズスーパーフレアはこれまた4着。

残り100mぐらいでモズが粘っているところにアウィルアウェイが良い脚で追い込んできたので獲ったかな?と思ったらパタッと止まってしまいました。

勝ち時計1分9秒0はここ10年で最遅。

3着だったナランフレグの血統を見てもかなりタフな馬場だったのかなと思います(ゴールドアリュール×ブライアンズタイム)。

モズは馬場も合わなかったと思いますが、上がり性能に乏しいのでやっぱり京都コース自体に適性がないのでしょうね。

追い込み馬が殺到する中での56㎏での4着は叩きとしては良いのかもしれませんが、本番の中京コースも合うかと言われると・・・・

昨年のように超絶内有利の馬場で内枠とかなら一考しますが、現時点ではあまり買いたくないですね。

逆にセイウンコウセイはかなり内容の良い5着だと感じました。

ちなみにジョイフルは次走高松宮記念に出てきたら軸候補になります。

 

条件戦

2月1日(土)

東京9R 銀蹄ステークス

⑥パイルーチェ 9人気22.5倍 9着

⑮エテルニテ 11人気31.8倍 2着

東京11R 白富士ステークス

③カヴァル 6人気13.8倍 13着

⑤ゴーフォザサミット 3人気6.7倍 4着

⑭アイスストーム 4人気7.2倍 5着

京都11R 舞鶴ステークス

①エオリア 4人気11.8倍 3着

⑨ゼンノワスレガタミ 12人気103.2倍 11着

⑬クイックファイア 3人気10.4倍 4着

小倉11R 海の中道特別

⑥ディバインフォース 1人気3.6倍 3着

 

2月2日(日)

小倉11R 周防灘特別

③アイルチャーム 3人気7.5倍 8着

⑨ロードアクア 6人気11.7倍 7着

⑯ファンタジステラ 4人気7.8倍 15着

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です